本文へスキップ

アダルトチルドレンのままで今よりずっと楽に生きるためのカウンセリング


AC(アダルトチルドレン)と共に生きる

認知行動療法

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy)

方針イメージ 

 「認知行動療法(CBT)」は、心理療法の一つです。
従来よりあった「行動療法」と「認知療法」の二つを統合し1990年代に体系化されました。その名の通り、「
認知(考え)」と「行動」に働きかけることで、ストレスによる悪循環から抜け出そうというものです。

 イギリスやアメリカでは、軽度のうつ病や不安障害の治療の第一選択とされ、寛解後の再発予防効果が高いことでも知られています。
 日本においても近年注目されており、精神疾患だけではなくストレスマネジメントとして、司法、産業、教育等様々な分野で、「認知行動療法(CBT)」を用いたアプローチが展開されています。

 「認知行動療法(CBT)」。長い名称で分かりにくい印象ですが、健康な方は自然に身につけ何となく使いこなしているストレス対処スキルでもあるのです。
 けれども成長過程で健全なスキルを獲得できていなかったり、獲得できていても一時的な心身の衰弱により適切に機能しなかったりすると、辛い状況から抜け出すことが困難になってしまいます。 

 私たちは、ストレス状況下において、しばしば不快な感情を抱きます。その感情とは、実はそのときに浮かんだ「考え(認知)」に大きな影響を受けています。「劣等感」や「孤独感」、「悲しみ」あるいは「怒り」等々、いわゆる「マイナス感情」といわれるものが、心理的に大きな負担となることはご存知の通りです。加えてそれは身体にも影響を及ぼし、動悸、めまい、冷や汗等、状況により様々な反応を示すでしょう。咄嗟に不適切な行動に出て事態を悪化させてしまうかも知れません。
 
 「認知行動療法(CBT)」の理論では、これらの「ストレス状況」、「考え(認知)」、「感情」、「身体反応」、「行動」は全て、相互に関連性があるとしています。そして、抜け出せない悪循環に陥り辛くなってしまっても、意図的な働きかけができる「考え(認知)」と「行動」に工夫を施せば、健全な対処が可能であるという理論です。

 ここまでの説明では、「認知行動療法(CBT)」が、少し学べばすぐに使える万能薬であるかのようですが、そのような即効性はありません。なぜならこのスキルを落とし込むには、相応の時間と練習が必要となるからです。練習のためには、毎回「宿題」に取り組んで頂くことにもなります。ですがそれだけに安全であると言え、しっかり習慣付ければ一生活用でき、ACな私たちが健全な「生きやすさ」を手に入れるために大変有効なスキルなのです。

 セラピーでは、スケジュールに一定の枠組みを設け、枠組みに則した形で、クライアント様とカウンセラーとの共同作業により問題解決をはかります。事態をじっくり観察し、ストレス状況と背景に潜むその方独特のパターンについてとことん研究する姿勢です。それにより、悪循環を断ち、どの技法を適用したらよいのか試して検証し、健全な対処法を見つけます。傾聴と受容を中心とした個人セッションにより、丁寧な話し合いを重ねながら進めますので、どうぞご安心ください。


☆認知行動療法(CBT)6回コース

50分×6回 (概ね2週間に一度のセッション) 36,000円


※認知行動療法(CBT)の基本を落とし込むことを目的とします。扱う問題や進度によって、ご希望の場合は、50分×1回につき6,000円にて追加も承ります。

※セッション初回は対面(千葉駅周辺)、二回目以降はSkypeを基本としますが、遠方の方やSkype環境をお持ちで無い場合等も承りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 認知行動療法(CBT)をご希望の場合は、お申し込みフォームに「CBT6回希望」とご記入の上、初回セッションのご希望日時を第二希望までご記入ください。二回目以降の日程は、初回セッション時にご相談の上決定させて頂きます。

                       





          




     

AC CounselingAC(アダルトチルドレン)カウンセリング

AC(アダルトチルドレン)のままで、今よりずっと楽な生き方ができるようになるカウンセリング

対面は千葉駅近くで
電話・Skypeも承ります



ACカウンセラー・精神保健福祉士
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー
michiko

お問合せ・ご予約はこちら 

お問合せはお気軽にどうぞ
秘密は守ります
売り込みのようなことは致しません